砂壁のリフォームで気をつけることをご紹介!

NEWS

砂壁のリフォームで気をつけることをご紹介!

昔ながらの和室の壁に欠かせない存在となっているのが砂壁です。

和室を作らない住宅も多いですが、砂壁にはこの素材ならではの独特の雰囲気があります。

ただ、老朽しそのままにしておくと居心地が悪くなってしまうので、リフォームを考慮しましょう。


▶︎リフォームの種類

砂壁はざらざらした質感があまり好きではない人もいますが、

ナチュラルで落ち着いた感じを好む人もいます。

砂壁がぽろぽろ落ちてくるようになったら、

それは劣化している証になるので、リフォームを視野に入れましょう。

砂壁のリフォームはいくつか方法があり、その中から選ぶことになります。

まず1つが砂壁からそのまま塗り替えだけする方法です。

素材を剥がしてから塗装するか、そのまま塗装するかどちらかを選択します。

珪藻土の原料は土です。

土で作られた塗料を使用し、壁を塗っていきます。

ざらつきのある質感が特徴で、素朴な見た目も魅力です。

漆喰も人気の塗装方法の1つです。

石灰石が原料で、滑らかな質感と上品なツヤがあります。

ナチュラルでオシャレな雰囲気も選ばれる理由です。

また、洋風な印象にしたいのであればクロスを貼る選択肢もあります。

バリエーション豊富なデザインから選択できるのも魅力です。

洋風に仕上げる方法にベニヤ板を貼るというパターンもあります。

また、自分でペンキを購入し、塗り替えることも可能です。

 

▶︎リフォームの費用

砂壁のリフォームで気になるのが費用です。

メーカーや業者にもよりますが、費用の差は選ぶ塗料により関連しています。

すべて6畳の広さで、砂壁から砂壁のリフォームが6万円から10万円程度です。

張り替えてから塗装をする方法、上塗りするかで差があります。

珪藻土は12万円から20万円程度、漆喰は12万円から19万円程度、クロスが8万円から16万円程度、

ベニヤ板が10万円から15万円程度、ペンキが6万円から10万円程度です。

この中で最も安いのがペンキになります。


▶︎仕上がりまでの日数

普段仕事で忙しい人、プライベートが忙しい人にとって仕上がりの日数も左右されることでしょう。

砂壁から砂壁、珪藻土、漆喰、ペンキは2日から4日程度かかります。

天候など環境によって異なると思っておきましょう。

クロスとベニヤ板の場合は1日から2日程度で終了します。

最短1日なので、できるだけ時間をかけたくない、洋風のイメージにチェンジしたい、

費用を抑えたい人はクロスかベニヤ板を選ぶと良いでしょう。


砂壁はざらざらした質感が特徴で、この素材ならではの独特の雰囲気を楽しめます。

リフォームをする際は、それぞれの素材や塗料の特徴、

費用、仕上がりまでの日数などを知り選択しましょう。

 

 

岐阜の左官工事は、やまだ業務店にお任せ下さい。


会社名:やまだ業務店

住所:〒505-0113 岐阜県可児郡御嵩町宿1865-2

TEL:090-3467-2435 
FAX:0574-67-1660

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:左官

職人募集中!詳しくはコチラ >