左官ならしという職人技術を駆使して、DIYでチャレンジしてみよう

NEWS

左官ならしという職人技術を駆使して、DIYでチャレンジしてみよう

左官工事は、土・モルタル・漆喰といった壁材を「鏝」を使って塗るのですが、

傍から見れば、単純な作業に見えるかもしれません。

しかし、実際には左官さんが下地・中塗り・上塗りを重ねるなどの

表面をならして仕上げるという工程を行っています。

ならし作業も美しく仕上げる必要があり、高い技術を要求するケースばかりです。

ちなみに、職人の域となるには約5年ほどかかると言われています。

 

 

▶︎鏝の使い方

鏝を使うのが左官の特徴ですが、

これまではムラなくといった仕上がりを要求されていました。

しかし現在では、デザイン性まで求められています。

波模様、ストライプ柄、扇状など、表情豊かな鏝さばきを魅せています。

使い方もテクニックが必要になり、

材料を鏝に乗せる量、壁に対しての鏝の角度などによって仕上がりが異なります。

また、モルタルや漆喰は厚めに塗り重ねることもポイントになるようで、

保温・断熱効果が期待できるようで、燃えにくい素材を上手に扱えるのが左官のウリ、

火災に強いのであれば、左官工事による壁塗装のリフォームもオススメです。

鏝は利き手に持ちます。

反対の手にはコテ板を持ちましょう。

鏝に材料を乗せるのにもコツが入るのですが、オーソドックスなのは、

鏝を持っている方の手首をひねり、鏝の腹を上向きにするようにして乗せる方法です。

しかし、難しいようならば、壁にコテ板を沿わせ、そのまま鏝で材料を壁に乗せ、

鏝の平らな面で塗り拡げるのが良いでしょう。

まっすぐ均一な力で滑らせることで、鏝の筋が残らないフラットな仕上がりが期待できます。

ムラになれば、ならす技が必要になりますが、

熟練の技になるので、DIYの塗りならばラフ仕上げで補いましょう。

 

 

▶︎職人の腕前とDIY

もちろん、左官によるならしで仕上がり良く施工できるでしょう。

しかし、DIYで左官を楽しみたい人もいるはずです。

建物の壁のみならず、床を漆喰やモルタルで仕上げることができます。

DIY専門のショップも増えていますし、ホームセンターでも鏝や材料は手軽に手に入ります。

漆喰や珪藻土などの自然素材は健康住宅(ロハス)に利用されていますし、

インダストリアルなインテリアに取り入れるケースも増えています。

もちろん、ならしの作業は難しさもありますが、

味が出るので一度はチャレンジするのもありでしょう。

漆喰や珪藻土などで壁を塗ることで、湿度調整ができます。

 

 

▶︎左官鏝の種類

実に様々な種類の鏝が販売されています。

先の尖った鏝のみならず、先の丸いもの、四角や太いものまであります。

材質、形、仕上げによって選ぶことができるので、

鏝選びを失敗しなければ、技術がなくともある程度の完成型に仕上がるでしょう。

材質には、鉄・ステンレス・木などがありますし、土間専用もあります。

 

岐阜の左官工事は、やまだ業務店にお任せ下さい。


会社名:やまだ業務店

住所:〒505-0113 岐阜県可児郡御嵩町宿1865-2

TEL:090-3467-2435 
FAX:0574-67-1660

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:左官

職人募集中!詳しくはコチラ >