外壁タイルの施工費用とオススメ理由!

NEWS

外壁タイルの施工費用とオススメ理由!

外壁タイルの施工相場は?

外壁にタイルを用いると、実際にどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?
初期費用とメンテナンスコストについて、それぞれ説明していきます。

初期費用

タイルは耐久性が高い建材なので、やはり初期費用も高くなります。
新築時は、一般的なタイルを採用しても、30坪2階建ての物件の場合、約300万円以上の費用がかかります。
外装材として一般的なサイディングを採用すると150万円程度のため、サイディングと比べると約2倍の費用がかかります

メンテナンスコスト

外壁がタイルの場合、10年ごとにメンテナンス費用が55万円ほどかかります。
一方、モルタル外壁やサイディング外壁の場合、10年ごとに140万円ほどのメンテナンス費用がかかります。
つまり、メンテナンスコストだけで見ると、タイルとその他の外壁では、50年で約425万円の差額が生まれるのです。
よって、初期費用がかかっても、外壁にタイルを採用することはとても楽に安く維持できる理想的な外壁材といえます。

 


 

 

こんな方にはタイルがおすすめ!

将来的なメンテナンスコストを抑えたい

外壁をタイルにする際の初期費用は、他の建材よりも高いかもしれませんが、
メンテナンス費用までトータルで考えると結果的に安く経済的です。
長期で住む場合は、耐久性が高くメンテナンス費用が低い外壁タイルがおすすめです。
タイルは、手間がかかりにくい理想の外壁材であることに間違いありません。
外壁メンテナンスに手間がかかりにくいことは、建物に余計な負担を与えず、
丈夫な建物状態を保つことにつながります。

デザインと耐久性を両立したい

初期費用が多少高くなっても、デザイン性と耐久性を両立させたい人は、外壁タイルがおすすめです。
外壁タイルは、耐久性が高いだけでなく、重厚で高級感がある外観です。
長期で住む予定のマイホームであれば、
タイルの費用を含めても予算内に収まる場合は、外壁タイルがよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

外壁タイルの一番の魅力は、何といっても高級感です。
素朴な味わいのものから、凝ったデザインまでさまざまですが、実際の風情は実物を見れば一目瞭然です。
これから外壁を検討している人は、ぜひ住宅展示場や見学会などで外壁タイルを見比べてみてください。
タイルはランニングコストの安さと素晴らしい美観性を兼ね揃えた、おすすめの外壁材です。

岐阜の左官工事は、やまだ業務店にお任せ下さい。


会社名:やまだ業務店

住所:〒505-0113 岐阜県可児郡御嵩町宿1865-2

TEL:090-3467-2435 
FAX:0574-67-1660

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:左官

職人募集中!詳しくはコチラ >