外壁タイルにはどんな色を選ぶべき?

NEWS

外壁タイルにはどんな色を選ぶべき?


住宅の印象を決定する外壁には、どんな色を選べばよいのか?
今回は、
外壁をタイルにする際の、色選びのポイントを紹介します。

・一段階暗めの色を選ぶ

外壁を選ぶ時は、色味や質感で悩むと思います。
人間は面積や光の加減、ツヤの加減で、色の見え方がかなり異なり、
実際に施工が終わってみると、屋内のサンプルで見た時よりも、明るく感じるのです。
外壁タイルに限らず、外壁塗装などでも同様ですが、最初にイメージした色味よりも、
一段階暗めのものを選ぶと、印象通りの仕上がりになりやすく重要なポイントなので抑えておきましょう。

・大きめのサンプルで確認する

外壁タイルの色を選ぶ場合、実際の外壁タイルを使ったサンプルや色見本などを目にします。
サンプルは、一度にさまざまな種類の外壁タイルを見比べられますが、
サイズが限られるため、実際に施工されたものとは感じ方が異なります。
サンプルを使って色味を選ぶ場合は、
できる限り大きめのサンプルで確認することで、実際の雰囲気をイメージしやすくなります。

・できるだけ明るい場所で確認する

人間の目が感じる色味は、このちょっとした明るさの違いに影響を受けるので
外壁タイルを選ぶ際は、よく晴れた日に、外光で色味を確認することをおすすめします。
屋内でサンプルを確認する場合でも、できる限りよく晴れた日に行うとよいでしょう。

・周囲との調和も考慮する

外壁タイルの色を選ぶ場合に考慮したいのが、周囲の環境との調和です。
色によっては、周囲から浮いているように感じることもあります。
自分の家だけを見ている分にはとても良いイメージでも、
一歩引いて見ると残念な感じになる、といったケースも少なくありません。
外壁の色はそうそう簡単に変えられるものではないので、注意した方がよいです。
緑が多い場所に家を建てる場合は、一般的に自然の緑よりも少し抑えめの色味を選ぶと、
自然と調和がとれた仕上がりになるといわれています。
外壁タイルを選ぶ場合は、実際に家を建てる場所を確認しましょう。

・シミュレーションを活用する

最近では、インターネット上で色のシミュレーションができるものがあり、
ハウスメーカーや設計事務所の中には、独自のシミュレーション設備を持っているところもあります。
それらを活用すると、全体のイメージがしやすいでしょう。
ただ、シミュレーションは視覚的に見ることができるので、
イメージしやすい反面、やはり現物とは異なります。
シミュレーション画像は、参考程度に見るのがおすすめです。

・迷ったらプロに相談

迷ってしまったら、外壁タイルのプロに相談して、
どのような外壁タイルにした方がよいか、周辺環境なども考慮してアドバイスしてもらうのが良いでしょう。


岐阜の左官工事は、やまだ業務店にお任せ下さい。


会社名:やまだ業務店

住所:〒505-0113 岐阜県可児郡御嵩町宿1865-2

TEL:090-3467-2435 
FAX:0574-67-1660

営業時間:8:00~17:00 定休日:日曜日

業務内容:左官

職人募集中!詳しくはコチラ >